NEWAリフトプラス使用2回目口コミレビュー

NEWAリフト ビフォーアフター

家庭用サーマクール美顔器のNEWAリフトプラス。

たるみ治療のサーマクール1回分と10回分のNEWAリフトプラスのお手入れで得られる効果は同じとされています。

そんなたるみに効くNEWAリフトプラスで2回目のお手入れ!

NEWAリフトプラスで2回目のお手入れ後の肌の変化

今私は、フェイスラインのたるみが気になっています。

40代になると頬のたるみが目立ち、顔が丸から四角いのが気になる・・

20代のころの肌のツヤ・ハリがなくなり、顔の凸凹が強くなりました。

頬のたるみやあごのたるみ、ほうれい線を改善すべくNEWAリフトをお手入れ中です。

2回目のお手入れでは、どんな変化が起きたかビフォーアフター写真で見ていきます。

正面▽

パッと見はそこまでわかりませんが、顔の横幅がスリムになった気化します。

特にあごと頬の周りがすっきりしています。

悪く言うと、こけた?と勘違いするほど。

右側▽

右側から見ると、フェイスラインがシュッとしたのがわかります!

頬のたるみがすっきりしています。

左側▽

左側もしかり、フェイスラインがシュッと引き締まりました。

頬たるみがリフトアップしています。

顔のツヤもアップして透明感も出た気がします。

NEWAリフトの熱で肌の代謝がアップしたり、血行がよくなるので、肌の色も透明感がでるんだそうです。

NEWAリフトを使ってわかったデメリット

まだお手入れ2回ですが、NEWAリフトを使って分かったデメリットをお伝えします。

NEWAリフトはたるみ引き上げの即効性があります。

使ってみてわかったデメリットは、ジェルを洗い流すのが面倒!

たいていの美顔器では、専用ジェルや美容液は洗い流す必要がないのが多いですよね。

そんななかNEWAリフトのお手入れには、熱を伝導させるための専用ジェルが必要不可欠。

ジェルがないと、肌内部を温めることができず、たるみリフトアップへの効果はでません。

しかもこのジェルは、お手入れ後は洗い流さないといけません。

ジェルが洗い落としにくいテクスチャ

リフトアップのために欠かせないNEWAリフトアップジェルは、固めのテクスチャです。

肌にしっかり密着するので、お手入れ中は液だれは一切なし。

乾燥もしにくいので、最初に出したジェルの量で4分間お手入れできます。

ですが、その分洗い流すときは若干落としにくいのがデメリットと感じました。

洗い流す前のティッシュオフのひと手間で格段に落としやすくなる

お手入れ後のジェルがたっぷりついたままを水で洗い流そうとすると、ヌルヌルがなかなか落ちません。

そこでおすすめなのが、ティッシュでジェルをオフしてから洗い流すこと。

水よりもぬるま湯のほうが落としやすいと感じました。

このティッシュオフをするだけで、格段にジェルが落ちやすくなりました。

ティッシュでジェルを取り除くときは、けっしてこすらないこと。

耳の裏や小鼻の横などにジェルが溜まりやすいので、その辺をティッシュにとるとより落としやすいです。

専用ジェルは代用できない理由とは

NEWAリフトに欠かせない専用ジェル。

熱を肌内部に伝えるためには、必ず専用ジェルを使うべきとされています。

その理由は、専用ジェルは熱を伝導するかどうかのテスト済みのジェルだからです。

他の代用品のジェルを使っても、肌の内部まで50度に到達できるかどうかわかりません。

しかも、50度以上になる可能性はなくはないので、専用のジェルを使ったほうが安心です。

温度センサーはついていますが、肌表面の温度を感知しているので、肌内部が高温になりすぎる危険性があるので要注意です。

ジェル1本はお値段3500円です。

好きなサイクルを選んで送料無料で届けてもらえます。

さらには、NEWAリフト本体を購入時にジェルの定期購入を選ぶと3500円安くなります。

NEWAリフト公式サイト>>

コメント