使って分かったNEWAリフトプラスの3つ欠点(デメリット)

NEWAリフト デメリット

NEWAリフトプラスを愛用している40代主婦の私。

1日おきにNEWAリフトプラスを使って、たるみをリフトアップ中です。

実際に使ってみないとわからなかったNEWAリフトプラスの3つの欠点をご紹介します。

購入を考えている方のご参考になればと幸いです。

NEWAリフトプラスの欠点①:充電が途中で切れることも

NEWAリフトプラスは充電式のコードレスなので、お手入れはコンセントの位置を考えなくてもどこでもできるのがメリットです。

説明書には、初回の充電は4時間ほどと書かれています。

実際には3時間ちょっとでニューアリフトプラスの充電が完了しました。

この1回の充電では、4分×12回分使えます。

1回のお手入れでは、右頬4分+左頬4分+あご下4分の3回分の電力を消費します。

つまり、4回分のお手入れができます。

実際にお手入れしてみてわかったことは、途中で充電が終わってしまうことが起こりうるということ!

お手入れしていると、今日は温まりが遅かった・途中で用事を済ませたりしてお手入れを中断してしまったなど、4分のお手入れ後に追加でお手入れすることもあります。

そうなると、電力の消費量が増えて、実際には4回目のお手入れ中に充電が切れてしまうという事態が起こりました・・

充電してくださいのサインはボタンがオレンジの点滅に変わります。

オレンジの点滅が始まっても1パーツ4分間はお手入れできました。

自分の都合ではあるのですが、途中で使えなくなるのは困りました。

コード付きのNEWAリフトならいつでも電気の供給ができますが、NEWAリフトプラスはどこでも使えて便利ですが、充電が切れてしまうのは欠点だと思いました。

お手入れ途中で充電が切れないようにするには、3回目のお手入れ後に充電しておくと安心です。

 

NEWAリフトプラスの欠点②:充電中はお手入れできない

コードレスだから仕方がありませんが、NEWAリフトプラスの充電中はお手入れができません

充電中にお手入れできてしまうと、コードレスではないので当然なのかもしれませんが。

3パーツのお手入れ中に充電が切れてしまったら、残りのパーツをお手入れするまで最低10分以上は充電しないと4分間のお手入れはできないのです。

充電中もお手入れできたらうれしかった!

コードレスにもコード付きにもできると便利だと痛感^^

やはり、充電が切れないように3回目のお手入れを目安に充電を早めにしておくと安心です。

使い終わった後は、必ず主電源を0に戻してオフにしておくと、待機電力を消費せず節電できます!

 

NEWAリフトプラスの欠点③:保証期間が1年だった

これは購入前には気づかなかった自分が悪いのですが、NEWAリフトとNEWAリフトプラスで保証期間が違いました。

充電式のNEWAリフトプラスは保証期間が1年。

コード付きのNEWAリフトは保証期間が2年。

1年もの差があります。

コールセンターによると、NEWAリフトプラスは充電式のバッテリーのため保証期間が1年としているとのこと。4~5年の耐用年数だそうです。

保証期間を過ぎた後に故障した場合は、有償で交換修理の対応が可能です。

【あわせて読みたい】
NEWAリフトプラスのアフターサービスについての記事はこちら

メーカーの回答としては、4~5年使える美顔器とのこと。

1~2年で故障することは考えにくいですよね。

ただ1年の保証期間が過ぎる前に、動作確認をしっかりしておこうと思います。

保証期間が過ぎてすぐに故障したら困りますから、ちょっとでもおかしいなと思ったら対応してもらおうと思います。

NEWAリフトプラスの3つのデメリットまとめ

NEWAリフトプラスを実際に使ったからわかった3つの欠点についてお届けしました。

3つの欠点がありますが、デメリット以上にメリットのほうがはるかに多いです。

充電をこまめにすることを気を付ければ、それほど困りませんし、大切に使えば壊れることも考えにくいと思います。

NEWAリフトを使うと、とにかく小顔になれる、たるみがリフトアップできる、肌の若返りができる、肌のハリ・なめらかになるなど美肌効果がすごいと実感しています。

色々家庭用美顔器を使ってきましたが、ここまで効果を実感できるものはNEWAリフトプラスのほかにないんじゃないかと思います。

クリニックの施術並みのたるみケアができるRF美顔器です。

家庭用サーマクール美顔器と言っても過言ではないかも!

高いけどそれ以上に効果が得られる美顔器です。

NEWAリフト公式サイト>>

コメント